*

赤ちゃんの乾燥肌どうしたらいいの?


b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s


赤ちゃんの肌というとすべすべ、もちもと女性の肌の理想のような肌を想像する人が多いのではないでしょうか?でもこれって実は大きな間違いですね。確かにまさに理想の肌といった肌の赤ちゃんもいます。

でも赤ちゃんはすべてが未熟、当然肌も未熟な状態にあります。大人の肌の半分ぐらいの暑さしかないとも言われています。そんな未熟な肌ですから当然外からの刺激によって肌が乾燥してしまうのも仕方のないことですね。

つまり赤ちゃんの肌がツルツルすべすべというのは生まれたばかりの赤ちゃんの肌ということになります。誕生してからは外からの刺激を受けることになりますから肌もダメージを受けやすい状態に置かれることになりますね。

では赤ちゃんの肌は乾燥肌になっても仕方がないのかというとそんなことはありません。きちんと対策をしてあげれば乾燥肌になることもなく理想の肌を続けることができます。逆にきちんとケアしてあげないと乾燥が悪化して湿疹などができてしまうということにもなりかねませんから気を付けてあげましょう。

特に自分ではどうすることもできず、かゆいといったことも泣くことでしか表現することができない赤ちゃんです。しっかり肌の様子を見てあげることも大事なことになるでしょう。


赤ちゃんの乾燥肌スキンケアどうしたらいいの?

赤ちゃんの肌のケアは、正しく行わないと乾燥を悪化させて嫌な思いをさせてしまうことにもなりかねませんから気を付けましょう。

まずは赤ちゃんの肌はとっても弱いものだということを理解しておきましょう。大人と同じ様に考えてしまうと知らず知らずのうちに赤ちゃんの肌にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

例えばおむつを替えるとききれいに使用とゴシゴシと吹いてしまっていたりはしませんか。入浴後にタオルで擦ってふいたりしていないでしょうか。こういった本当に大人であれば特に問題のないことでも大きなダメージとなりますから気を付けたいですね。

赤ちゃんの乾燥肌対策としては擦らないということはとっても重要な事です。

使用するタオルなどもやわらかいものを使用することが必要です。新生児の間は特に入浴の際でもガーゼなどを使用すると思いますがガーゼで会っても擦ってはだめですね。優しく優しくです。

心配であれば、手でゆっくりとなでてあげるようなこともいいかもしれませんね。

そして何よりも重要なのがクリームですね。赤ちゃんの肌にクリームは欠かせません。入浴後などに全身にクリームを塗ってスキンケアしましょう。

もちろんクリーム選びはとっても大事なことになります。大人用のクリームなどをつかってしまっては赤ちゃんの肌には刺激が強すぎますから絶対にやめましょうね。

赤ちゃん用のクリームを準備し、使用している成分もしっかりチェックしましょう。いくら無添加の物であっても中には肌に合わないというものもありますからまずは肌にちょっとつけて様子を見て大丈夫そうであれば使用するようにしましょう。

赤ちゃんの乾燥肌悪化してしまうと湿疹ができてしまったりしますが、そういった場合には薬を使用する必要があったりします。乾燥肌がいくらスキンケアなど気を使ってもなかなか改善することができず時にはひどくなるような場合には、早めの医療機関の受診も必要です。


赤ちゃんの乾燥肌、スキンケアを行う前に知っておきたい。

赤ちゃんと言えば入浴させたらクリームなどで全身スキンケアしてというのが当たり前になっていますが、こんなにプルプルの肌になぜここまでしなければいけないのって思ってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

赤ちゃんの肌はとってもデリケートで大人以上に乾燥しやすくダメージを受けやすいために日々のスキンケアがとっても重要なものになるのですが、生まれた時にはとってもきれいな肌をしています。

確かに生まれたときにはとってもプルプルの赤ちゃんらしいイメージの肌となんですが、それも生後2ヶ月程度までとなります。

というのも肌には皮脂膜というものがあり、これによって水分の蒸発を防いでいるのですが、生後2ヶ月ぐらいになると赤ちゃんの皮脂膜は大人の1/3程度にまで減ってしまうんです。そのために乾燥しやすい状態となってしまいます。

さらには赤ちゃんでも大人でも汗の出る幹線の数というのは同じになっていますから汗をとってもかきやすい状態にあると言えます。

赤ちゃんはツルツル、プルプルの肌というのはイメージということですね。本当は、とってもデリケートで大人よりもよっぽど乾燥しやすい肌となっています。

だからこそ日々のスキンケアがとっても大事なことになってきます。入浴ももちろん大事なことですし、自分では何をすることもできない赤ちゃんです。外気にあわせて服装の調節などして汗をかきすぎてしまわないようにして上げるといったこともとっても重要な乾燥肌対策となってきます。


0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s



赤ちゃんのスキンケアはいつ行えばいいの?

赤ちゃんのスキンケアは入浴後に行えばいいと思っている人もとっても多いと思いますが、入浴後だけでは十分ではありません。きちんとスキンケアしたいのであれば、

  • ・入浴後
  • ・汗を拭いた後
  • ・おむつ替えの時

などにも必要となってきます。また口のまわりなども乾燥しやすい場所ですからよだれをふいたり食事の後にはそのあたりも気を付けてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんのスキンケアに関してはいろいろな考え方があります。スキンケアなどは行わなくてもいいという考え方もあります。代表的なものでいえばベビーパウダーなどがそうですね。パウダーを使うと汗の線である汗腺をふさいでしまうことになるので使用しない方が良いという話もあります。

どの方法が正しいのかを断言することは難しいのですが、少なくても保湿に関しては必要です。

保湿だけはきちんと行ってデリケートな赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。きちんとしたスキンケアを行っていることで将来の肌にも影響が出るという話もありますからね。

やっぱり赤ちゃんの肌、将来の美肌を作るためにもやさしくスキンケアしてあげましょう。


記事