赤ちゃんの乾燥肌 > 赤ちゃんのために > 赤ちゃんの乾燥肌対策どうやって行う?

赤ちゃんの乾燥肌対策どうやって行う?


242c01180623cf4a339c44217c729503_s

実際に赤ちゃんの乾燥肌、どのように対策を行ったらよいのでしょうか。基本となるのがスキンケアですが、肌を守るためには次のようなことがとっても大事なことになってきます。

  • ・保湿
  • ・外出前のケア
  • ・入浴

このあたりが基本となるでしょうか。とにかく基本となるのは保湿ですね。赤やんの乾燥肌はもちろんのこと普通の状態でも水分、油分ともに少ないのが赤ちゃんの肌です。

スキンケアではその水分と油分を補ってあげる必要がありますからお勧めとしては水分と油分の両方が含まれている乳液タイプのものとなりますが、単に乳液を塗るだけでは乾燥肌対策とはなりません。

入浴もその一つです。赤ちゃんを入浴させる時には、お湯の温度に気をつかっているとは思いますが人間の皮脂は40度ぐらいのお湯に入ると肌の皮脂が流れてしまいますから38~39度程度のお湯というのが基本となってきます。

また気持ちよいだろうとついつい長くお湯に知れてしまうことも避けなければなりません。大切な皮脂を落としてしまうことになりますから短時間で行うことが必要です。

そして体を拭くときには優しくです決して擦ってしまうようなことはせずに軽く体に充てるようにして乾かすようにしましょう。ちょっとしたことですがこれは大人でも同じことが言えますタオルなどで摩擦することは肌に大きな負担となりますから気を付けましょう。

そして注意したいのが外出の時ですね。赤ちゃんが日光を浴びることは丈夫な骨を育てるためにもとても重要なことと言われていますがそうはいっても日焼けは大きな負担になりますから日焼け止めが必要となりますね。

日焼け止めも赤ちゃん用の刺激の少ないものを使用するのはもちろんのことなのですが、それだけでなく洗い流すことができるものを選択するとよいですね。

日焼け止めはその後の落とすことも考えて選ぶようにすることが必要です。

赤ちゃんの肌が一生ものの肌を作る

赤ちゃんの肌は、何年後もの肌に影響を及ぼします。赤ちゃんのうちにきちんとしたケアを行っておけば大人になってもきれいな肌ということですね。

保湿は1日一度ということではありません。1日に何回も行うことになります。おむつを替えたときにはもちろん、汗をかいたら汗を拭きとり保湿、口の周りも汚れを摂ったら保湿といった感じになります。

これを行うとなるとお世話をするお母さんなどは少々大変なのかもしれませんね。でも赤ちゃんが大人へと成長したときにきれいな肌だったらと思うとその努力もちょっとしたことに思えるかもしれませんよ。

もっといえば、赤ちゃんとのスキンシップという意味でも肌に触れることはとっても大事なことになりますよね。温かいてでゆっくりと赤ちゃんの肌に触れてあげることもいいでしょう。