赤ちゃんの乾燥肌 > 赤ちゃんのために > どうして?赤ちゃんは乾燥肌になってしまうの?

どうして?赤ちゃんは乾燥肌になってしまうの?

乾燥肌は赤ちゃんだからこそ起こりやすい、そう考えるのが自然だと言えます。なぜなら赤ちゃんの肌は大人の肌の半分!肌バリアもまだ整っていない赤ちゃんは未知の世界である現代に生まれ落ちてきて、初めて外気にさらされます。羊水の中と違って風はふくし、砂埃もあります。そんな中、赤ちゃんが乾燥しないわけがないのです。

肌荒れした赤ちゃんは生後2か月から3か月で酷くなると言われています。赤ちゃんの皮脂分泌量は少ないので、すぐに無防備な状態になってしまいます。

goikmeoisej

そこで赤ちゃんの乾燥肌がうまれてしまうのです。皮脂だけでなく皮膚が薄いので水分も保持できない赤ちゃんは、何かから肌を守ってもらう必要があります。それがオイルだったりクリームだったりするのです。

乾燥するのは秋冬だけ、では夏は楽なのか?

冬など乾燥するのは分かったけれど、では夏なら大丈夫?と言えばそうでもなく、夏は赤ちゃんの汗腺は大人と同じ数ありますから、汗びっしょりになってあせもという症状が出てきます。

乾燥肌の次にはあせも、赤ちゃんも忙しいものです。泣いて表現することしかできない赤ちゃんに、ママもノイローゼになりそうです。

赤ちゃんの肌は事前に乾燥するものだと思っておきましょう。乾燥肌の赤ちゃんは自然だと思えると、気分も楽になります。それを知ったうえで適切な処置ができると効果的でしょう。

刺激の少ない泡石鹸で優しく洗ったり、クリームやローションでケアを行っていくことで赤ちゃんの乾燥肌が改善してきます。毎日のことですから、顔から全身まで、おむつ替えのときはお尻もしっかり保湿してあげましょう。

ママのお腹は大丈夫?お母さんのための妊娠線クリームはこちら

同ジャンル・関連ページ

赤ちゃんの乾燥肌対策どうやって行う?